MT-09の系譜

MT-09/A
(1RC/2DR) 
-since 2014-

MT-09

開発コンセプト「Synchronized Performance Bike/シンクロナイズド・パフォーマンス・バイク」

MT-07と同時にデビューとなったMT-09は何とクロスプレーン三気筒エンジンを積んでいます。

並列三気筒はヤマハとしては初・・・では無いんですねコレが。

 

ちょっとご紹介。

GX750 -Since1976-

GX750

遡ること40年弱の1976年に発売されたヤマハのフラッグシップモデルであるGX750

新設計のコンパクトな空冷三気筒エンジンとシャフトドライブ(どちらもヤマハ初)でスポーツ性と耐久信頼性を兼ね備えたモデルで、ここから更にXS750と続きましたが直四に取って代わられ時代に消えていきました。

詳しくは「ブランドは一台にして成らず GX750/XS750|系譜の外側」どうぞ

 

さて話を戻して・・・

何故か北米ではFZ-09の名で発売されてるMT-09ですが、発表される数年前からヤマハが新設計の三気筒エンジンを作っているのはリークされてたしヤマハ自身もアピールしてましたね。

当時は

「YZF-R6の新エンジンじゃないのか?」

とか言われてたけど出てきたのはMT-01以来となる本当にまさかのMTでした。

日本国内で三気筒エンジンがMTだと予想した人は恐らく居なかったんではなかろうか。

 

そんなMT-09の開発インタビューを読むとただ対抗で出したわけでなく、MTの意志を継いだ結果だということがよく分かります。

MT-09コンセプト

最初に紹介したコンセプトの「シンクロナイズド・パフォーマンス・バイク」

これは「ライダーの意思やスロットル操作」に対して「バイクの動き」が一対一になること。

MT-09エンジン

そのコンセプトに対し最も合致したトルク特性を持ったエンジンを導き出した結果が三気筒120度クランクエンジンだったそうです。だからって新開発とはよく上が許したなと思いますが。

そしてさらに車体の方にも"1対1"を実現するための工夫があります。

ボディやシートを極限まで絞ることでライダーに安心感を与えつつ、前荷重・マスの集中化を徹底し、軽快なスポーツ性を向上。更にアップライトなポジションで車重は装備重量で181kgと超軽量。

ヤマハMT-09

ヤマハはMT-09をモタードの要素を取り入れたネイキッドと言っていました。

大型バイクに乗ってるのはいいけど

「乗ってるというより乗られている」

と感じる人は非常に多い。というか大多数がそうかと。

そんな人が小排気量の細く軽いモタードやオフ車といったバイクに乗ると、アクセルワークや転倒リスク等に気を使わずにバイクを振り回せるという忘れていた楽しさに病み付きになる・・・なんてよくある話です。

MT-09はそこを突いたバイク。出力特性を切り替えれるD-MODEが付いているのも1対1になるため。

MT-09ストリートトラッカー&ストリートラリー

写真は日本未発売モデルのMT-09STREET TRACKER(写真左)とMT-09STREET Rally(写真右)

ヤマハの人が

「いつもの道でご堪能下さい」

と自信を持って言っている事からもその自身が伺えます。

MT-09壁紙

欧州ではもともとこういった等身大スポーツのバイクが根付いていたから暖かく迎え入れられたわけですが、そうでもなかった日本ではどうだったかというと・・・販売台数を見るに大成功と言えるでしょうね。

ヤマハが言うように

"乗せれられている"

という事実から脱したいと感じていた人が多かったのかな。

 

※追伸

2016年モデルから年次改良に伴いABSモデルのみ三段階トラクションコントロール(OFF/弱/強)が追加。

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC並列三気筒
排気量:845cc
最高出力:
110ps/9000rpm
最大トルク:
8.9kg-m/8500rpm
車両重量:181kg(装)

系譜図

MT-09 2014年
MT-09/A(1RC/2DR)
mt-09トレーサー 2015年
MT-09TRACER(2SC)
XSR900 2016年
XSR900(B09)
2017MT-09 2017年
MT-09(BS2)

お知らせ|更新履歴