エイプの系譜

ノーティDAX(CY50)
-since 1973-

ノーティーダックス

ダックスシリーズの中で唯一縦型エンジンを積んでいるわんぱくダックスことNauty DAX(CY50)。

角目ライトに長いシート、そしてDAXより更に太い5.40-10というトンデモサイズなオールラウンドタイヤを履いているのが特徴的。

系譜として紹介している事からも分かるように名前にこそDAXだけど全くの別物で、ダイヤモンドフレームにCB50のエンジンを積んだスポーツDAX。

CY80

ただまあロングセラーとなり後に再販されるまでに至った横型エンジンの本家DAXとは対照的にあまり人気は出なかった。

ちなみにこのノーティDAXはホンダの鈴鹿製作所で企画開発された唯一のバイクであり、あの山中勲さんが最初に作ったバイク。

山中さんというのはRCB1000、CB750F、CB1100R、VFR750R(RC30)、NR、GL1500の開発に携わり、最終作はCBR1100XXと、ホンダの数々のフラッグシップを生み出してきた偉大な方です。

ノーティDAX

しかしブラバが最終作なのは有名ですが処女作がノーティだったのは少し意外ですね。これで少しはノーティの認知度も上がるかな。

ちなみにホンダロックに居られると思ったら2013年頃からは浜松でカフェをされてるそうです。

その名も「コーヒーブラックバード」

やっぱりブラバに思い入れあるんでしょうね。"バイクの話が出来るカフェ"を作りたくて作ったそうなので興味のある方はコチラからどうぞ。

 

言い忘れていましたが1976年に規制対応の為のマイナーチェンジが入っています。

 

R&P
(CY50J/80J)
-since 1977-

ホンダR&P

ノーティDAXに続いて登場したのがR&P(CY50J)です。Ride&Playの頭文字を取ってこの名前となりました。R&B(リズム・アンド・ブルース)と掛けてるんでしょうね。

 

基本的にはノーティDAXと一緒で違うのはノーティが四速なのに対して五速を積んだこと、そして角目から丸目になったこと。このおかげかノーティよりは人気が出ました。ちなみにこのバイクは非常に面白いセールス方法が取られた事で有名です。

R&Pカタログ

写真を見てもらえれば分かると思うのですが、初期の頃はHONDAという社名ロゴもR&Pという車名ロゴも車体には入っていませんでした。更に宣伝する際にもR&Pという名前を押し出すような事もしなかった。

これは

「皆さんの好きなように呼んであげて下さい」

という意図から。

CY50J2

しかし車名もない、何処のバイクかも分からないという斜め上なセールス方法は当然ながらウケるはずもなく、後にはちゃんと車名もロゴも付いてR&Pと大々的に宣伝する事に。ちょっと斜め上過ぎましたね。80年にマッドガードなどのマイナーチェンジが入っています。

CY80

ちなみに日本では売られていないので知名度はありませんが80ccモデルも存在していました。

エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
排気量:49[49]cc
最高出力:
4.5[4.1]ps
9500[9000]rpm
最大トルク:
0.35[0.36]kg-m
8000[7000]rpm
車両重量:80[85]kg(乾)
※[]内はR&P
※NautyDAXは前期モデル

系譜図

CB90 1970年
ベンリィCB90/50 (CB90/50)
CY50 1973年
NautyDAX/R&P(CY50/50J/80)
XE75 1976年
XE75/50/TL50(XE75/50/TL50)
XL50S 1980年
XL80S/50S(HD04/AD03)
CB50S 1980年
CB50S(AC02)
2001APE50 2001年
APE100/50(HC07/AC16)
XR100モタード 2005年
XR100/50MOTARD(HD13/AD14)
2008APE100d 2008年
APE100/50(HC07~13/AC16~18)

お知らせ|更新履歴