エイプの系譜

ベンリィCB90/CB50
(CB90/CB50)
-since 1970-

ベンリィCB90

APEへと続く系譜の歴史は長く、一番最初にあたるのはホンダのネイキッドを意味するCBの中で最も小排気量、ミニマムCBとして登場したCB90とCB50。1970年にCB90が発売され、CB50は翌年の1971年から。

 

ホンダはもともと小排気量車はカブやモンキーでお馴染みの横型エンジンでした。しかし高まるスポーツ熱に応えるためSS50の後継として新しいスポーツエンジンを作った。

XE50エンジン

それがこのCBで初めて積まれた当時世界最小SOHCであり、そして今でもAPEに使われてる縦型エンジン。ここからホンダの原付は

「横型エンジン=レジャーorビジネスバイク」

「縦型エンジン=スポーツバイク」

という住み分けというか方向で進んで行くことになるわけです。

ホンダCB50

”ベンリィ”という名前が付いている事から日常モデルと思われがちだけど、4stながら当時としてはトップクラスの10.5馬力(50は6馬力)を発生させる高回転型エンジンに加え、五速ミッションと大容量クラッチ、前後17インチという本当にスーパースポーツな原付。

ホンダCB90カタログ

この頃はまだ2st全盛でスポーツと名乗る小排気量はどれも2stでした。でもホンダはそんな中で敢えて4stで2st勢に挑んだわけです。

こう聞くとアンチ2stとして有名なVT250Fを思い出すわけだけど、VTが出る10年以上前のこのCBからホンダの4stへのこだわりはあったんだね。4stなだけあって2st勢に引けを取らないスポーツ性ながらも2stほどのピーキーではなく、4stならではの扱いやすさも相まって非常に人気が出ました。

CB90JX-DISC

それぞれ二年後にはマイナーチェンジと共にJX-DISCグレードが追加。フロントを機械式ディスクブレーキにしたモデル。機械式っていうのは簡単に言うとワイヤー式の事です。

エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
排気量:89[49]cc
最高出力:
10.5[6]{6.3}ps
10500[8500]{10500}rpm
最大トルク:
0.76[0.41]{0.43}kg-m
9000[8500]{9500}rpm
車両重量:92[74]kg(乾)
※[]内はCB50
※{}内はCB50S

系譜図

CB90 1970年
ベンリィCB90/50 (CB90/50)
CY50 1973年
NautyDAX/R&P(CY50/50J/80)
XE75 1976年
XE75/50/TL50(XE75/50/TL50)
XL50S 1980年
XL80S/50S(HD04/AD03)
CB50S 1980年
CB50S(AC02)
2001APE50 2001年
APE100/50(HC07/AC16)
XR100モタード 2005年
XR100/50MOTARD(HD13/AD14)
2008APE100d 2008年
APE100/50(HC07~13/AC16~18)

お知らせ|更新履歴