ゴールドウィングの系譜

GL1200 GOLDWING
Interstate
Aspencade(SC14) -since 1984-

GL1200

更に排気量を1182ccまで上げて1200となったゴールドウイング

ネイキッドモデルのスタンダード、クルーザーなインターステート、高級モデルのアスペンケードの3モデルラインアップなのは変わらず。

足回りがブレーキトルク応答型アンチダイブ機構(TRAC)に変更され、タイヤサイズが【F:19/R:17】から【F:16/R:15】へ大幅インチダウンした。

トップモデルのアスペンケードにはラジオや液晶はもちろんの事、着脱可能なカセットデッキ(時代を感じるなあ)も装備。

GL1200メーター

もはや何が何のボタンなのかサッパリ・・・

この頃もう既にGOLDWINGというブランドをアメリカで堅実なものにしていた。

エンジン:水冷4サイクルOHC2バルブ水平対向4気筒
排気量:1182cc
最高出力:94ps/7000rpm
最大トルク:10.7kg-m/5500rpm
車両重量:325kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

GL1000GW 1974年
GL1000 GOLDWING
GOLDWING1200 1980年
GL1100 GOLDWING
Interstate/Aspencade(SC02)
GL1200

1984年
GL1200 GOLDWING
Interstate/Aspencade(SC14)

GOLDWING-SE 1988年
ゴールドウイングSE(SC22)
GOLDWING-SE 1996年
ワルキューレ/ツアラー(SC34)
SC47 2001年
ゴールドウイング(SC47)
SC47 2004年
ワルキューレ ルーン/NRX1800(SC53)
SC68 2011年
ゴールドウイング(SC68)
F6B 2013年
ゴールドウイング F6B(SC68)
F6c 2014年
ゴールドウイング F6C(SC68)

お知らせ|更新履歴