ゴールドウィングの系譜

M1(A0K)
-since 1972-

GOLDWING prototype

「プロジェクトM1」

CB750FOURでイケイケだったホンダがグランドツアラーの限界を探るために極秘裏に進めていたプロジェクトの車両。

初代ゴールドウィングであるGL1000が登場する3年前に製作されたモデルで水冷式水平対向六気筒で1470ccです。

M1試作機

実はこのエンジンは元々はこのバイクのために造られた物ではなく、有名な車であるシビックの為に開発された物です。

1973年に厳しい排ガス規制を初めてクリアしたCVCCシビックのエンジンになる予定(案の一つ)だった水平対向四気筒が元ネタ。

CVCCシビック

ただ最終的にシビックは直四でいくことに決まり、既に開発していた水平対向四気筒が宙ぶらりん状態に。

当時エンジン設計をしていた加藤さん曰くそれを見て

「せっかく造ったのに勿体無い(※別モ415)」

という話になりシリンダーを二つ足して六気筒化しバイクに積んでみたのがこのM1というわけ。

M1エンジン

ちなみにこの頃のホンダはまだシャフトドライブを持っていなかったのでドライブトレインはBMWの物をそのまま流用。

ゴールドウィングプロトタイプ

だからこれはゴールドウィングのプロトタイプというよりスタディモデルに近いんですが、六気筒案は直六として有名なCBXより前のこの段階から既に検証されていたという事ですね。

シビックとゴールドウィングの意外な繋がりでした。

 

エンジン:水冷4サイクルOHC2バルブ水平対向6気筒
排気量:1470cc
最高出力:不明
最大トルク:不明
車両重量:不明

系譜図

M1 1972年
M1(A0K)
GL1000GW 1974年
GL1000
GOLDWING(GL1)
GOLDWING1200 1980年
GL1100
GOLDWING(SC02)
GL1200

1984年
GL1200
GOLDWING(SC14)

GOLDWING-SE 1988年
GL1500
GOLDWING(SC22)
GOLDWING-SE 1996年
VALKYRIE/TOURER(SC34)
SC47 2001年
GL1800
GOLDWING(SC47)
SC47 2004年
VALKYRIE RUNE
/NRX1800(SC53)
SC68 2011年
GL1800
GOLDWING(SC68)
F6C 2014年
GOLDWING
F6B/F6C(SC68)
2018ゴールドウィング 2018年
GOLDWING/TOUR(SC79)

お知らせ|更新履歴