VFRの系譜

RVF(RC45) -since 1994-

RC45

「歓声は私のものだ。」

VFR750R/RC30の後継モデルになるRVF/RC45。1993年のRVF750の市販(ホモロゲ)バージョンです・・・って多分

「RVFがワークスでRVF(RC45)が市販車で・・・」

と混乱している人もいると思うので時系列で簡単に纏めてみました。

RVFの系譜

だいぶ端折ってますが大体こういう感じです。フィードバックから再びレースマシンといった具合。市販車にまでRVFという名前を付けてしまったからややこしくなってしまった。

まあ一般的にRVFといったらこれか400のNC35ですが。

RC45とNC35

先代(RC30)と同じようにSBKやTT-F1といった市販車ベースのレースで勝つため開発されたバイク。国内では500台限定でお値段200万円。

鬼(HRC)に金棒(RC30)で数々の戦績を挙げていたレーサーRVF750に瓜二つな見た目な事と、RC30の後継ということで限定500台(海外向け550台)が相変わらず取り合いに。そのため追加で200台前後販売(※受注生産で正確な台数は不明)されるほどの人気でした。

RVF/RC45

RVF/RC45の登場に一番喜んだのは我々一般ライダーじゃなく否ワークスのプライベーター達。

というのもこのRC45が出るまでRC30で戦ってるプライベーター達が多かった。でもワークス(HRC)が毎年大幅な改良を施しドンドン速さに磨きがかかっていったのに対しプライベーターには限界があるので圧倒的な差が生まれていたんです。

そんな状況下で出たRVF/RC45は、磨きを掛けていったワークス(HRC)製のRVF750(RC30改)がベースなのでワークスとの差が縮められる。あわよくば勝てる可能性すらあるプライベーター達の夢に応えたバイクでもあった。

RVF/RC45

フレーム周りの大幅な剛性見直し、PGM-FIによりコンパクトに出来た事から大径化出来たインテーク、カムギアトレインをセンターからサイドにしたことでエンジンの幅も縮小などなどプライベーターには技術的にも予算的にも難しい部分がアップグレードされた状態でした。

ちなみにRC45もRC30を開発された本多さんが開発責任者となったのですが、実は途中で解任されています。どうも本多さんがRC45を設計するにあたり

honda RVF

「RC45はアルミトラスフレームにする」

と言い出したのが発端。流石にそれはRVF750ともホンダのイメージともかけ離れているとして下りなかった。しかし本多さんも折れなかったため解任されHRCへ出向になったとか。

RVF750

いやまあ本多さんの言うことだから間違いはないんだろうけど、ツインスパーで正解だったと思いますよ。アルミトラスフレームのRVFを見たかった気持ちもありますけど・・・

 

ちなみにホンダがV4で市販車レースを戦ったのはこのRC45までで後釜はVTR1000SPになります。

RVFカタログ写真

最後のV4レーサーとして今では当然ながらプレミアです。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:749cc
最高出力:
77ps/11500rpm
最大トルク:
5.7kg-m/7000rpm
車両重量:189kg(乾)

系譜図

VF750S/M 1982年
VF750
セイバー/マグナ
(RC07/RC09)
VF750F 1982年
VF750F(RC15)
VF1000R 1984年
VF1000F/R(SC16)
VFR750F 1986年
VFR750F(RC24)
VFR750R 1987年
VFR750R(RC30)
RC36 1990年
VFR750F(RC36)
RVF 1994年
RVF(RC45)
VFR前期 1998年
VFR(RC46前期)
VFR800 2002年
VFR(RC46後期)
VFR1200F 2010年
VFR1200F(SC63)
VFR1200X 2012年
VFR1200X (SC70)
VFR800F 2014年
VFR800F/X
(RC79/RC80)

お知らせ|更新履歴