ZX-10Rの系譜

ZX-9R
(ZX900F)
-since 2002-

ZX-9R最終型

「Track Star」

最終型であるZX-9RのF型。

触媒が標準装備となった事で車重が3kg増加していますが

・4potキャリパー
・CVKDキャブ
・エンジンのフルリジッド化(先代は一箇所ゴム)による剛性向上
・スタビライザー付き(上やぐら)スイングアーム
・グラブバーの廃止

などなど130箇所にも及ぶパーツが見直されスポーツ性が更に向上。

F型

このF型がユメタマの最終型となるわけです・・・が、正直ZX-9Rはちょっと可哀想なバイクでした。

というのもZX-9Rが登場した頃のNinjaシリーズは

・ヤンチャミドルZX-6R

・ピュアレーサーZX-7R

・オールマイティZX-9R

という三兄弟体制だったんですが、ここにZX-12Rというモデルが登場したから。

NINJAシリーズ

ZX-12Rは猪突猛進なメガスポーツなので9Rとは被らないんだけど、如何せんデザインが同系統で排気量が違う事から、12Rが9Rの上位互換の様なイメージを持つ人が多かった。

そして典型的なスーパースポーツとも一線を画していたことも災いしました。

ZX900F

メガスポーツほどカタログスペックが秀でているわけでもない、スーパースポーツほど軽くコンパクトでもない。

開発者の意図を分かりやすく言うなれば、ZX-9Rは

「スーパースポーツツアラー」

だから当たり前な話。

ただ夢のビッグバイクが欲しい人達にとっては、刺さる部分が無い無個性に見えてしまったんだね。

ZX900F

でもこのZX-9Rのエンジン、そしてコンセプトを受け継ぐ形で登場したNinja1000は、今やメガスポやスーパースポーツより・・・というか2017年大型部門において販売台数一位になるほどの人気。

時流っていうのは残酷な物ですね。

主要諸元

全長/幅/高 2065/730/1155mm
シート高 815mm
車軸距離 1415mm
車体重量 188kg(乾)
燃料消費率 -
燃料容量 19.0L
エンジン 水冷4サイクルDOHC4気筒
総排気量 899cc
最高出力 143ps/11000rpm
最高トルク 10.0kg-m/9200rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前120/70ZR17(58W)
後190/50ZR17(73W)
バッテリー YTX9-BS
プラグ CR9EK
または
U27ETR
推奨オイル カワサキ純正オイル
または
MA適合品SAE10W-40
オイル容量 全容量3.8L
交換時3.1L
フィルター交換時3.3L
スプロケ 前16|後41
チェーン サイズ525|リンク110
車体価格 1,090,000円(税別)
※スペックはマレーシア仕様

系譜図

GPZ750R 1986年
GPX750R
(ZX750F)
ZXR750 1989年
ZXR750
(ZX750H/J/L)
1996ZX-9R 1994年
ZX-9R
(ZX900B)
1998ZX-9R 1998年
ZX-9R
(ZX900C/D)
2000ZX-9R

2000年
ZX-9R
(ZX900E)

2002ZX-9R 2002年
ZX-9R
(ZX900F)
2004ZX-10R 2004年
ZX-10R
(ZX1000C)
2006ZX-10R 2006年
ZX-10R
(ZX1000D)
2008ZX-10R 2008年
ZX-10R
(ZX1000E)
2010ZX-10R 2010年
ZX-10R
(ZX1000F)
2011ZX-10R 2011年
ZX-10R
(ZX1000J/K)
2016ZX-10R 2016年
ZX-10R/RR/SE
(ZX1000R/S/Z/C)
2019ZX-10R 2019年
ZX-10R/RR/SE
(ZX1002E/G/H)