GSX-R600の系譜

GSX-R600(K1/K2/K3)-since 2001-

2001年式GSX-R600

このモデルを見るとピンと来る人も多いだろう。それもそのはず顔が1000-750-600と統一されたから。
当時R1の影響で流行っていた二眼を採用せず、それどころか1000から600まで統一させてアイデンティティを確立したのは凄い。HAYABUSAの成功も相まって今や一眼のヒール顔はスズキの代名詞にもなった。

いやでもちょっと似せすぎというか区別が・・・正立フォークなのが600なんだけど顔だけ見ると・・・

GSXシリーズ

もしこの顔だけ見て区別が付いた方はGSXマニアですね。ちなみに正解は左から600-750-1000です。

99年のYZF-R6の登場により600ccクラスが激化。R1の方がリッターなせいかよく語られるけど600の方が熾烈だったかもしれない。それでもスズキはあくまで750主体の開発に拘った。
84年から始まり長年に渡って様々な排気量のSSを作り続けたスズキに一日の長があったのは誰の目にも明らかだった。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:599cc
最高出力:115ps/13000rpm
最大トルク:7.0kg-m/11500rpm
車両重量163kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

98GSX-R600 1997年
GSX-R600(W/X/Y)
01GSX-R750 2001年
GSX-R600(K1/K2/K3)
04GSX-R600 2004年
GSX-R600(K4/K5)
06GSX-R600 2006年
GSX-R600(K6/K7)
08GSX-R600 2008年
GSX-R600(K8/K9/L0)
11GSX-R600 2011年
GSX-R600(L1~)

お知らせ|更新履歴

関連コンテンツ