GSX-S750の系譜

GSX750E
(GR72A)
-since 1980-

GSX750E

角目が特徴的で「ベコ(牛)」の愛称で親しまれていたGSX750E。Xの名前から分かる通り4バルブエンジンになりました。

九死に一生を得たスズキでしたが流石というか何というか、ついこの間まで危ない状況だったにも関わらず次なる目標として「何処よりも速いバイク」を掲げました。その第一弾がこのGSX750Eというわけです。そのための4バルブなわけで実際軽快で速かった。

GSX750Eカタログ

GSX750Eは申し分のないバイクに仕上がってはいたものの、翌年のGSX750E2でタンク形状とハンドルが変更、更に翌年のGSX750E3ではメーターとヘッドライト形状が変更とデザイン変更が毎年の用に入りました。

これには理由があります・・・ハッキリ言いますが

「スズキのバイクはオジサン臭い」

という意見が多かったからです。

性能が良いのは分かるがいかんせん野暮ったくオジサンバイク臭が抜けない。

これをなんとかしたくて色々とデザインを変えたわけです。

そしてGSX750Eシリーズとしては最後となるE4はこうなりました。

GSX750E4

ハーフカウルをまとった別物バイク・・・これ何かに似てると思いませんか、そうコレです。

750カタナ

E4の一年前に出たGSX750S。

みんな知ってるカタナ(正確に言うとGSX750S3と中身一緒)です。

「スズキ=オッサン臭い」

というイメージを打開するためにハンス・ムートへお願いしてデザインしてもらったバイク。

お陰でスズキのイメージはアップ。狙い通りどころか想定を超える大成功となったわけです。そしてGSX750Eはお役御免となりました。

GSX750E諸元

※本来なら次はGSX750Sのところですが系譜の外側で既に書いてしまったので申し訳ありませんが750Sは飛ばそうと思います。

GSX750Sについては「カタナと名乗れなかったカタナ GSX750S(GS75X)|系譜の外側」を御覧ください。

すいません。

主要諸元

全長/幅/高 2250/875/1185mm
シート高 -
車軸距離 1520mm
車体重量 229kg(乾)
燃料消費率 -
燃料容量 19.0L
エンジン 空冷4サイクルDOHC四気筒
総排気量 747cc
最高出力 69ps/8500rpm
最高トルク 6.2kg-m/7000rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前3.25H-19-4PR
後4.00H-18-4PR
バッテリー YB14L-A2
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
D7EA
推奨オイル スズキ純正
エクスター
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量4.0L
スプロケ 前14|後43
チェーン サイズ530|リンク114
車体価格 520,000円(税別)

系譜図

GR72A 1976年
GS750/2/E/G/GL
(GR72A)
GSX750E 1980年
GSX750E
(GR72A)
バンディット750 1996年
GSF750
(GR7EA)
イナズマ750 1998年
GSX750INAZUMA
(JS1AE)
GSR600 2006年
GSR600
(GK7EA)
GSR750 2011年
GSR750
(GR7NA)
00GSX-R750 2017年
GSX-S750
(C533F)