SR400の系譜

SR400(2H6)
SR500(2J3)
-since 1978-

SR400

「開発コード583」

XT500の登場から約2年後にXT500のオンロード版『Single Roadsports』として登場した初代SR400/2H6型とSR500/2J3型。

今からすると信じられない話に聞こえるかも知れませんが、SRは元々はスクランブラーとして登場する方針でした。

SR400が参考にしていたバイクはBSAのゴールドスターというバイク。

ゴールドスター

でも結局こうならず、オンロード寄りのトラッカー的なバイクになった。

これにはXT500の系譜で紹介したロードボンバーが強く影響しています。

このロードボンバー、SRが出る前の年の鈴鹿六耐に参戦するマシンとして開発されていたレーサーだったのですが、一枚噛んでいたモトライダー誌がエントリー前の4月号にて

ロードボンバー

「ヤマハからロードボンバーが発売」

というエイプリルフールネタをやったんです。

そしたらこれを真に受けてハートを射抜かれる人が続出し、バイク屋やヤマハ本社へロードボンバーに対する問い合わせや予約が殺到という想定外の反応に。

この反響の大きさを受けてSRはオンロード寄りなトラッカー路線で行くこととなり、今なお続く形になったわけです。

SR500エンジン

XT500(正確にはレーサーTT500)のエンジンをベースに

・吸気バルブの拡大

・冷却フィンの大型化

・フライホイールマスを12.5%増加

などの変更を加え、四点リジッドで振動を軽減させた新設計のオイルタンクインフレームに搭載。

SR400初代プレス写真

ちなみに400はストローク量を縮めることで399cc化・・・というか本当にそれだけで、キャブを覗けば500とほぼ一緒。

これは中型免許制度(400ccまで)が出来たことによる苦渋の選択だったわけですが、ショートストローク化による歯切れの良いレスポンスが逆に好評に。

そんな初代SR400/500ですが、その後のモデルと違い色々と特徴があります。

初代SR400カラーリング

まず500はテールカウルレスで、400はグラブバーレス。

ポジションも500はアップライトハンドルなのに対し、400がコンチネンタルハンドルと、オジサマ向けの500と若者向けの400という分け方。

 

もともとXT500をオンロード仕様にする人がチラホラ居たことからSR400は約2000台、SR500も約1300台とそれなりに人気となりました。

初代SR400

ただこの頃はまだSRの立ち位置がハッキリしていなかった事もあり、わずか一年ほどでモデルチェンジして・・・やらかしてしまう事に。

 

エンジン:空冷4サイクルOHC単気筒
排気量:
399cc
[499cc]
最高出力:
27ps/7000rpm
[32ps/6500rpm]
最大トルク:
3.0kg-m/6500rpm
[3.7km-m/5500rpm]
車両重量:
158kg(乾)
[158kg(乾)]
※[]内はSR500

系譜図

XT500 1976年
XT500
(1E6)
2H6 1978年
SR400
(2H6)
SR500
(2J3)
3X6 1979年
SR400/SP
(3X7/3X6)
SR500SP
(3X4)
34F 1983年
SR400/SP
(34F/34E)
SR500/SP
(34A/33Y)
1JR 1985年
SR400
(1JR/3HT)
SR500
(1JN/3GW)
RH01 2001年
SR400
(RH01J)
RH03 2010年
SR400
(RH03J)

お知らせ|更新履歴