CRF250の系譜

Dream SL250S
(SL250)
-since 1972-

SL250S

ホンダの本格トレールとして出たSL250S。海外向けはXL250という名前で発売。

いきなりですが実はホンダはSL250Sの前にもいわゆる未舗装を走ることを考えられたバイクを作っていました。それは1962年に出たCL72 SCRAMBLERという文字通りスクランブラーのバイク。

SL250S

当時はまだ明確な「オフロードバイク」という定義がなく各社とも手探り状態の時代。そんな状況の中でいち早く出たCL72は"オフロード走行に対するホンダの答え"だったわけです。

オンロードモデルCL72ベースとはいうものの、決してやっつけ的なバイクではなくアップハンドル&アップマフラー、そして専用のシングルクレードルフレームにクランク新造と必死に答え求めて考え抜いた形跡が垣間見えるバイク。でも残念なことにCL72は正解ではなかった。

当時まだ未知の問題のジャンルだった"オフロードバイク"に初めて正解したのはヤマハ。CL72 SCRAMBLERの6年後の1968年に出たトレールDT-1です。

SL250S

深いストローク量を持つサスペンションにブロックパターンタイヤ、エンジンガードを兼ねたアップマフラー、何より単気筒を武器に低速からトルクフルで圧倒的な軽さと細さを持っていた事から大ヒット。いち早く問題に取り組んだホンダだったけど先に答えを導き出されてしまったわけです。

CL72 SCRAMBLERが間違えていた部分は二気筒エンジン。4st二気筒からくる取り回しの重さがオフロードの先駆車になれなかった最大の理由。

当時ホンダはレースで培った高性能エンジンとして並列二気筒エンジンを全面に押し出していた。つまり皮肉なことに結果を残していた強すぎるオンロードの考えをそのままオフロードに持ってきてしまった事が仇となった。

SL250S

それでもホンダは他社を真似ない精神、オフロードの答えはまだDT-1と決まっていないと、71年にCL250という後継を出しCLシリーズとして展開していきました。

しかしDT-1ブーム(オフロードブーム)の勢いは凄まじく一向に衰える気配がない。

 

指を加えてみている事しかできなかった営業や卸の堪忍袋も限界で

「DT-01に対抗できるバイクを出せ」

と突き上げを食らい、とうとう折れて出したのが1972年に出たこのSL250Sというわけ。

SL250Sカタログ

アルミリム、マグネシウム合金クランクケースカバー、強制開閉式キャブと当時としては贅沢な作り。そしてなにより単気筒・・・が、やっぱり4st。

この頃は2st全盛期で4stは車重やパワー面での見劣りを否めなかった。ましてオフロード車となると尚のこと。

実際ホンダもこのSL250Sとほぼ同時期にエルシノアMT250という2stオフを出した。だから本来なら2stほどの需要が無い4stオフSL250Sは要らないハズ。それでもなお出し続け止めなかったのは4stへのこだわりというかプライドの現れでしょうね。

 

このようにホンダのオフロード部門というのは歴史から見ると失敗から始まりました。

主要諸元

全長/幅/高 2120/840/1125mm
シート高 -
車軸距離 1410mm
車体重量 136kg(乾)
燃料消費率 43.0km/L
※定地走行テスト値
燃料容量 8.0L
エンジン 空冷4サイクルOHC単気筒
総排気量 248cc
最高出力 22ps/8000rpm
最高トルク 2.0kg-m/6500rpm
変速機 常時噛合式5速リターン
タイヤサイズ -
バッテリー -
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
-
推奨オイル -
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
-
スプロケ -
チェーン -
車体価格 208,000円(税別)

系譜図

ホンダドリームSL250S 1972年
DREAM SL250S
(SL250)
MD03 1975年
XL250/S/R
(MD03)
MD08 1983年
XLX250
(MD08)
MD16/20/22 1985年
XLR250R/BAJA
(MD16/20/22)
MD26 1991年
XLディグリー
(MD26/MD31)
MD30 1995年
XR250/BAJA
(MD30)
MD30後期 2003年
XR250/BAJA/Motard
(MD30後期)
MD36 2005年
XR230/Motard
(MD36)
MD38 2013年
CRF250L/M
(MD38)
CRF250ラリー 2017年
CRF250RALLY/L/M
(MD44)