バンディット1250の系譜

Bandit1200/S
(GV77A)
-since 2000-

2000年式GSF1200

「軽量・コンパクト・スポーティ」

GSF1200の後継モデルとして登場した初代バンディットことBandit1200のGV77A型。

GSF1200のトレードマークであった薄いタンクはそのままに直線基調となったダブルクレードルフレームが特徴。

2000年式GSF1200

驚きなことにあの超ショートホイールベースだったGSF1200から更にホイールベースが縮められ1430mmになりました。

相変わらず引っくり返るのかと思うかもしれませんが、スロットルポジションセンサーによる点火タイミングとキャブ変更によりトルクピークを少し上げて元気さは持ちつつも扱いやすい特性に・・・それでもかなり過激な方ですが。

 

そしてバンディットといえばコレとも言えるSモデルもカウル造形がシャレた物に。

Bandit1200S/GV77A

油冷ビッグネイキッドというスズキの道を邁進したわけですが、ここでちょっとした豆知識。

詳しい説明はGSX-R750の系譜で書いたので割愛しますが油冷というのは

『走行風に加えてオイルでも冷却』

という空冷の発展形といえる形なので空冷と見分けが付きにくい・・・そう思っている人も多いかと。でも油冷エンジンである事を象徴している分かりやすい部分はちゃんとあるんです。

それはエンジンヘッドとクランクを結んでいるこの太いホース。

油冷エンジン

これはエンジンヘッドからクランクへオイルを戻す為のバイパス。

油冷というのは空冷と違いシリンダーヘッドへオイルをジェットで勢いよく大量に吹くのでオイルの回収が大変。

空冷と同じ様にカムチェーントンネルから戻そうとすると間に合わず、フリクションロスや撹拌による性能低下を招いてしまう。

しかしだからといって専用の通路をブロックに設けてはせっかくのスリムさが台無しに・・・そこでGPマシンにも関わっていた岡本さんは閃きました。

「中を通すこと無理なら外を通せばいいじゃない」

SACS

そうやって生まれたのがこの太いバイパスなんです。

Bandit1200Sジャケット写真

つまりこのバイパスこそ油冷の証であり、油冷の命綱でもあるわけです。

 

エンジン:油冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:1156cc
最高出力:100ps/8500rpm
最大トルク:9.6kg-m/6500rpm
車両重量:218kg(乾)

系譜図

GSF1200 1995年
GSF1200/S
(GV75A/B)
イナズマ1200 1998年
INAZUMA1200
(GV76A)
Bandit1200/S 2000年
Bandit1200
(GV77A)
2006Bandit1200/S 2006年
Bandit1200/S
(GV79A)
Bandit1250/S 2007年
Bandit1250/S/F
(GW72A)
Bandit1250後期 2015年
Bandit1250/S/F
(GW72A後期)

お知らせ|更新履歴