XJR1300の系譜

XJR1300
(5EA後期|5UX前期)
-since 2000-

2000年型XJR1300

「We have Spirit.」

1300としては二代目となるXJR1300の中期型。

パット見で目につく所としてはBremboからヤマハ自慢のMOS(モノブロック)キャリパーへの変更ですが、それ以上に見えない部分が大きく変わりました。

中期型XJR1300

-8kgという大幅な減量が物語っているのですが、その減量も足回りつまりバネした減量が中心。

FZRベースだったホイールをYZFからのフィードバックで造られた新設計の軽量タイプにし、MOSキャリパーと合わせてディスクローターを320mmから297mmに小径化するという英断もあって足回りだけで6kg近い軽量化。

他にもステップホルダーやイグナイターなど200箇所の部品をグラム単位で見直した事で合計8kgも軽くなりました。

 

そしてもう一つ大事なのが軽量化と同時にアクスルやスイングアームの剛性を高めサスペンションのダンパーを強くしたこと。

XJR1300カットモデル

これは開発責任者の松木さんいわく

「YZF-R1のヒット」

が要因なんだそう。

これがどういう事かというと、どちらかと言うと欧米向けだったYZF-R1が国内でも受け入れられ大ヒットしたから。

この事で日本国内でもスポーツ需要が高い事が分かり

「日本専売のXJRこそ応えるべきだ」

としてこれらの変更をしワインディング志向になったわけです。

XJR1300リアビュー

エンジンはそのままにYZF-R1と同じMOSキャリパーを採用した背景にはこういう理由があったわけですね。

 

合わせて紹介で申し訳ないのですが、2005年/5UX8型では新設計のマフラーとメーターに加えイモビライザーが標準装備。

2005XJR1300

そしてホイールが再び改められ更に-2kgの軽量化となっています。

XJR1300としてはこれがキャブ最終モデル。

エンジン:空冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:1250cc
最高出力:100ps/8000rpm
最大トルク:10.0kg-m/6000rpm
車両重量:222kg(乾)

系譜図

XS1100 1978年
XS1100/E/S/SF
(2H7~9)
XJ650スペシャル 1980年
XJ650SPECIAL
(4L6)
XJ750 1981年
XJ750A/E/D
(5G8/5G9/29R/22N)
XJ900 1983年
XJ900/S/F
(31A/58L/4BB)
XJR1200前期 1994年
XJR1200/R
(4KG)
XJR1300前期 1998年
XJR1300
(5EA前期)
XJR1300中期 2000年
XJR1300
(5EA後期|5UX前期)
現行XJR1300 2007年
XJR1300/C
(5UX後期|2PN)

お知らせ|更新履歴