XJR1300の系譜

XJ900/S/F
(31A/58L/4BB)
-since 1983-

XJ750

「Love at first ride」

XJシリーズ最大排気量モデルとなるXJ900。

同じエンジンのまま650から750とスケールアップし遂に900となったわけですが、実は当初の予定では750までのハズでした。

しかし欧州市場から

「もっと排気量があるライトウェイトを」

という声が多くなり853ccにまで拡大し登場したのがこのXJ900。

XJ900カタログ

結果的に853ccに出来たものの、もともと750までしか想定していなかったエンジンという事で技術的な問題が山積でした。

だからXJシリーズを担当してきた水谷さんも排気量を上げろという社名に対し最初は

「無理、出来ません」

と断ったそう。

しかし社命には逆らえず、コンロッドボルトを上締めにしてスペースを稼ぐなどあの手この手で問題をクリアし排気量アップに成功。

XJ900F初期型

ちなみに上の写真はカウル付きのXJ900Fです。

 

しかし市場とは無情なもので、これで一件落着かと思いきや再びすぐに

「もっと排気量を上げろ」

という要望が。

XJ900S

また水谷さんは頭を抱え、結局シリンダーライナー(ピストンが触れる燃焼室内壁の筒)の製法を変更し650時代の半分以下の厚さにする事で1984年にはなんとか891ccにまで拡大。

そんな苦労の甲斐あってかXJ900は欧州の定番へと成長。

XJ900ディバージョン

後継に当たるXJ900Diversionに至っては敵なしのロングセラーとなりました。

エンジン:空冷4サイクルDOHC四気筒
排気量:748cc
最高出力:70ps/9000rpm
最大トルク:6.2kg-m/7000rpm
車両重量:214kg(乾)

系譜図

XS1100 1978年
XS1100/E/S/SF
(2H7~9)
XJ650スペシャル 1980年
XJ650SPECIAL
(4L6)
XJ750 1981年
XJ750A/E/D
(5G8/5G9/29R/22N)
XJ900 1983年
XJ900/S/F
(31A/58L/4BB)
XJR1200前期 1994年
XJR1200/R
(4KG)
XJR1300前期 1998年
XJR1300
(5EA前期)
XJR1300中期 2000年
XJR1300
(5EA後期|5UX前期)
現行XJR1300 2007年
XJR1300/C
(5UX後期|2PN)

お知らせ|更新履歴