GSX-R750の系譜

GSX-R750
(L/M)
-since 1990-

90R750

「Direct Access Racing Technology」

三代目となるGSX-R750のL/M型。

ここまでが一般的に第一世代と言われています。

変更点としては

・B/S比の見直し(ロングストローク化)

・マフラーの4to1化

・キャブレターの大径化

・リアタイヤのワイド化

などなど、先に紹介した限定ホモロゲGSX-R750Rに準ずる変更。

GSX-R750M

さらに先代にはなかった倒立フロントフォークを国産750としては初の採用しているのが特徴です。

 

さて・・・ここまでが第一世代と言われています。

それは油冷エンジンがこのモデルまでだから。

R750油冷ファイナル

正確に言うとこのスラントノーズ一枚レンズになったこの91年M型が最終モデルです。

 

当時スズキといえば油冷、油冷といえばスズキと言われていました。

GSX-R750M

にも関わらず何故油冷を諦めたのかといえば、レースにおいて限界を迎えたから。

馬力がどんどん上がって発熱量が増えていった事で、オイル高温化による急速な劣化を起こしパワーロスを生じるようになったんです。

SACS

しかしパワーを上げれば上げるほど熱は増える一方・・・だから水冷に舵を切る事となった。

ただしコレはあくまでも夏の耐久レースでの話であって、公道ではあまり関係のない話なんだけどGSX-R750はあくまでもレーサー。

GSX-R750カタログ写真

何よりも速さを取る事は必然だったわけです。

エンジン:油冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:748cc
最高出力:115{77}ps/11000{9500}rpm
最大トルク:6.8kg-m/7000rpm
車両重量:193kg(乾)
※{}内は国内仕様

系譜図

85GSX-R750 1985年
GSX-R750
(F/G/H)
88GSX-R750 1988年
GSX-R750
(J/K/RK)
90GSX-R750 1990年
GSX-R750
(L/M)
92GSX-R750 1992年
GSX-R750
(WN/WP/SPR)
96GSX-R750 1996年
GSX-R750
(T/V)
98GSX-R750 1998年
GSX-R750
(W)
00GSX-R750 2000年
GSX-R750
(Y)
04GSX-R750 2004年
GSX-R750
(K4/K5)
06GSX-R750 2006年
GSX-R750
(K6/K7)
08GSX-R750 2008年
GSX-R750
(K8/K9/L0)
11GSX-R750 2011年
GSX-R750
(L1~)

お知らせ|更新履歴