GSX-R750の系譜

GSX-R750(K6/K7)-since 2006-

06R750

九代目R750のK4/K5。第三世代としては初のフルモデルチェンジ。

エンジンが新設計で更にコンパクトになった上に、非常に人気が高かったモデルですね。それまで主導だった開発がレギュレーションが無くなったことで600主導へと移されました。つまりこのモデルがR750にとっては転換期となったわけです。

もうレースに関係無いから蔑ろになってる?

いいえ違います。レースというレギュレーションから解き放たれた事でR750は大きく生まれ変わりました。

 

基本的な構造はR600と同じですが大きく違う部分があります。それはこのモデルからバランサーを装着したこと。

バランサー

バランサーを装着すると振動が目に見えて減ります・・・が、クランクのエネルギーを削ぐ事にもなるので馬力が少し落ちます。

SSなのにそんなどうしてそんな事をしたんだって話ですが、これはR750がもう速さやタイムだけを求めるSSではなく、トータルパフォーマンスのSSへと生まれ変わった証。

バランサーなんてコスト増だから採算性で見たら無いに越したことない。でもただ750ccにしたR600では満足しなかったんでしょうね。

K6壁紙

面白い話です。

それまではレースをするならGSX-R750と言われていたのが、レース以外に使うならGSX-R750となったんですから。その一方で公道の為に生まれたYZF-R1はレース前提のバイクへ変化。

レースのレギュレーションが変更された事によるものなんですが、時代の荒波というやつでしょうか・・・いやはや面白い。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:749cc
最高出力:150ps/13200rpm
最大トルク:8.8kg-m/11200rpm
車両重量:163kg(乾)
※スペックはフルパワー(EU仕様)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

85GSX-R750 1985年
GSX-R750(F/G/H)
88GSX-R750 1988年
GSX-R750(J/K)
90GSX-R750 1990年
GSX-R750(L/M/RK)
92GSX-R750 1992年
GSX-R750(WN/WP/SPR)
96GSX-R750 1996年
GSX-R750(T/V)
98GSX-R750 1998年
GSX-R750(W)
00GSX-R750 2000年
GSX-R750(Y)
04GSX-R750 2004年
GSX-R750(K4/K5)
06GSX-R750 2006年
GSX-R750(K6/K7)
08GSX-R750 2008年
GSX-R750(K8/K9/L0)
11GSX-R750 2011年
GSX-R750(L1~)

お知らせ|更新履歴