GSX-R750の系譜

GSX-R750
(K6/K7)
-since 2006-

06R750

「No Competition」

残念ながら国内には入ってこなかった九代目GSX-R750のK6/K7型。

第三世代としては初のフルモデルチェンジ。

新設計エンジン&フレームで恐ろしいほどコンパクト化されたわけですが、これはGSX-R600をベースに750を造るようになった事が大きな要因。

 

こう聞くとGSX-R750は

”ついでに出されたGSX-R”

と思いがちですがそれは全然違います。

GSX-R750はレースというレギュレーションから解き放たれた事で大きく生まれ変わりました。

 

その象徴となるのがバランサーの装着です。

バランサー

バランサーというのは簡単に言うとエンジンの振動を消す錘。

これを組み込むと目に見えて振動が減ります・・・が、同時にクランクのエネルギーを削ぐ事にもなるので馬力が少し落ちる。

 

これこそがGSX-R750が生まれ変わった証。

バランサー付きって簡単に言いますがギチギチ設計なうえにオイルを叩いて撹拌しないようにするために複雑化して大きなコスト増になるし、単純な速さだけを求めるならば要らない装備。

K6壁紙

じゃあなんで入れたのかって言えばGSX-R750が

「No Competition(規格外)」

になったから。

とにかく速さだった状況から、粗のない上質なエンジンフィールと加速を持つSSに生まれ変わらせるため。

本当に面白いですよね。

これによってレースをするならGSX-R750と言われていたのが、レースに使わないならGSX-R750となったんですから。

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:749cc
最高出力:150ps/13200rpm
最大トルク:8.8kg-m/11200rpm
車両重量:163kg(乾)

系譜図

85GSX-R750 1985年
GSX-R750
(F/G/H)
88GSX-R750 1988年
GSX-R750
(J/K/RK)
90GSX-R750 1990年
GSX-R750
(L/M)
92GSX-R750 1992年
GSX-R750
(WN/WP/SPR)
96GSX-R750 1996年
GSX-R750
(T/V)
98GSX-R750 1998年
GSX-R750
(W)
00GSX-R750 2000年
GSX-R750
(Y)
04GSX-R750 2004年
GSX-R750
(K4/K5)
06GSX-R750 2006年
GSX-R750
(K6/K7)
08GSX-R750 2008年
GSX-R750
(K8/K9/L0)
11GSX-R750 2011年
GSX-R750
(L1~)

お知らせ|更新履歴