ジャンルの歴史

オフロード&モタード系

オフロード|モタードとは

人気の上り下がりが激しいオフロード&モタード。

といっても低空飛行が多く、オンロード車に比べると(特に国内では)比較的ニッチなカテゴリ。でも実はジャンルごとに区切って言えば一番歴史が古かったりします。

スクランブラーとかオフロードとかトレールとか色んな呼ばれ方をしていますよね。まずはどういうバイクを意味しているのかという事から簡単に説明したいと思います。

 

【スクランブラー】

スクランブラーとは

未舗装路を走る事を考慮されたオンロードベースのバイク。

代表的なのはドゥカティのスクランブラーなどでこれに限らず車名にスクランブラーと入ってる事が多いです。

日本メーカーも昔は出してたんですが今はありませんね。SR400はスクランブラーと言えなくもないですが、アレはオンロード車ベースのオフではなくオフロード車ベースのオンロードモデルという一風変わったバイクなので何とも・・・

 

 

【トレール or オフロード】

トレール・オフロードとは

未舗装路を走ることを前提に開発された、いわゆる”オフ車"と呼ばれるバイク。トレールもオフも基本的に同じ意味です。

CRF250L・WR250R・KLX250といったバイクが代表的ですね。スズキも昔はDRとかDJEBELとか作ってて今もアメリカ向けでは200を作ったりしてるんですが・・・って言ったらKLX250までもが生産終了に。

 

合わせて紹介で申し訳ないですが【モタード】というのはこれらのバイクにオンロード寄り(オンロードタイヤ等)のセッティングをしたバイクのこと。

CRF250MやWR250XやD-TRACKER Xなどがいわゆるモタード。オンロード寄りとはいえ元はオフ車なので未舗装を全く走れないというわけではないです。

 

【モトクロッサー or エンデューロ】

モトクロッサー

ザックリ言ってナンバーが取れない(公道を走れない)競技用のオフロード車の事。

モトクロッサーもエンデューロもサス・タイヤサイズ・タンク容量などが違っているんだけど簡単にいうと、モトクロッサーは短距離のラップタイムを競うレース向けで、エンデューロは長距離を走る耐久レース向けです。

短距離走=モトクロッサー|長距離走=エンデューロ

と覚えておいてください。

写真のバイクは左からCRF250R|YZ250|RM-Z250|KX250Fとなっています。

走破性

オフ車にとって大切な走破性を比べると

モトクロッサー>エンデューロ>>>オフロード&トレール>>>スクランブラー

となり、当然ながらモトクロッサーやエンデューロが一番性能は良いんだけど、オフに求められる性能(走破性)とオンに求められる性能(日常的な扱いやすさ)というのは基本的に反比例しちゃう。

つまり未舗装を走るだけならモトクロッサーに敵うバイクは無いけど、舗装路になるとスクランブラーに軍配があがったりするわけです。だから初心者が選ぶ時は単に走破性や性能で選ばず、自分がどれくらい未舗装にウェイトを置いて走るか考えて買うのが失敗しないと思われます。

 

【特徴】

とにかく細く、軽く、ハンドル切れ角がとても大きい。

最大の特徴はオンロード車とは比べ物にならないほどのリフトアップとサスストローク量。

これはデコボコした道でも速度を落とさず往なしながら走る為と、ギャップで腹を打たないようにするため。

多少コカしても走行不能に陥らない様な設計をしてるけど、構造上シート高が絶望的に高かったりする。

軽く細くまたポジションも起きてるので高速巡航などはかなり苦手。

 

【歴史】

最初に言ったとおりオフロード車の歴史はとっても長いんですが、最古のオフロード車を上げるとするなら1968年に出たヤマハのDT-1でしょう。

DT-1

まだオンロードとオフロードのカテゴリーが曖昧だった時代に、ロングストロークフロントフォーク、ブロックパターンタイヤ、エンジンガードを兼ねたマフラーを採用したオフロード主体のバイク。

アメリカからの要請で作られたバイクなんだけど、アメリカはもちろん日本でも大ヒット。

ダートレース

これによりオフロードというカテゴリが誕生し、第一次オフロードブームが来ます。

 

更に1980年中頃になると走破性が飛躍的に向上したホンダのXL250SやカワサキのKL250が登場したのに加え、二輪二足(足をつきながらゆっくり走る)という違った方向性のヤマハSEROWも登場し第二次オフロードブーム(林道ブーム)が到来。

XL250S

休日に山に行くとオフ車乗りで溢れかえる程のブームに。

セロー

それからしばらくは落ち着いたんですが1998年、カワサキのD-TRACKERの登場で再び浮上します。

Dトラッカー

モタードというオフロード車にオンロードタイヤを履かせたバイク。

これもストリートファイター系と同じく元々は欧州が発端で、個人がスーパーモタード風(モタードレース)にカスタマイズするのが流行りだしたのが始まり。

いち早くその流れを汲んだのはKTMやハスクバーナといった欧州メーカーで、欧州では既にカテゴライズ化されていたのですが、日本ではまだまだ超マイナーだった。

しかしDトラッカーが登場したことで認知度が上がり、また比較的オフロードと部品を共有できることから各社が後を追うようにモタードを次々と発売しモタードが(ちょっとした)ブームとなりました。

 

現在はどうかというと、オフモタ特有の細い、軽い、ハンドルが切れる、という特性に加えセル付きが当たり前になったことから通勤などの下駄車というまた違った需要が生まれている状態です。

 

これは余談ですがオンオフ問わず昨今のサスペンションの礎を築いたのはオフロード車だったりします。

ネイキッドの方で話していたモノサスやツインサス。上で紹介したDT-1を見て分かる通り、どのメーカーも最初はオフロード車といえどツインサスでした。

SL250

「悪路をもっと速く走るためにはサスペンションが要だ!」

ということでヤマハが開発したのがモノクロスサスペンション。

初めて採用されたのは1972年のヤマハYZ250(モトクロッサー)

YZ250

ストローク量が従来の二倍になり、奥で踏ん張り底打ちしない画期的なサスペンション。

その効果は絶大でそれまで一つ一つ往なしていた凸凹を一気に飛び越えて行けるほどの安定性で圧倒的な速さを誇り”空飛ぶサスペンション”と言われました。

このモノクロスサスペンションこそがモノサスの原点で現代の一本サスは全てこのサスペンションから来ています。

モノクロスサスペンション

それほどこのサスペンションの誕生は革新的でした。

 

これはオマケですが

”オフを制する者はオンを制す”

と言われており、MotoGPなどオンロードレースで活躍する選手たちも練習の一環としてレースのない日はトレーニングの一貫としてモトクロスで走り回るのが当たり前だったりします。

 

ネイキッド系ストリートファイター系マルチパーパス系オフロード&モタード系ストリート系スーパースポーツ系フルカウルスポーツ系ツアラー系メガスポーツ系クルーザー系スクーター系クラシック系

 

 

 

該当車種

CRF250L/Mの系譜

WR250R/XSEROWの系譜

KLX250/D-TRACKER Xの系譜

DUKE690Small DUKEの系譜

などなど

ジャンル一覧

ネイキッド ネイキッド系
ストリートファイター ストリートファイター系
オフロード|モタード オフロード&モタード系
マルチパーパス マルチパーパス系
ストリート ストリート系
スーパースポーツ スーパースポーツ系
フルカウルスポーツ フルカウルスポーツ系
ツアラー系 ツアラー系
メガスポーツ メガスポーツ系
クルーザー クルーザー系
スクーター スクーター系
クラシック クラシック系

お知らせ|更新履歴