CBR250の系譜

CBR250R
(MC41後期)
-since 2014-

2014年式CBR250R

MC41の後期モデルとなる2014年からのCBR250R。

外見が大きく変化。前期モデルがCBRというよりどちらかといえばVFRだったのに対して如何にもCBRなデザインに変わりました。カウル形状が変更された事で足つき性も改善してます。

中身の方も吸気の見直しで1kw(1.36馬力)パワーアップ・・・ですが、その分値段も5万円ほど上がって遂に50万円に手が届いちゃった。コスパの良さが売りだったのにこの事で販売台数も・・・。

この様変わりはMC41前期で拾いきれなかった日欧のユーザーを取り込もうと思っての事かなと思う。

MC41コンセプトデザイン

MC41のデザイナーいわく、MC41はグローバルモデルという事でデザインに関しては欧州とアジアでそれぞれ案を持ち寄って日本で取りまとめられたんだけど、アジアがどちらかといえばツアラー的なデザインを求めたのに対して、欧州は如何にもスポーツ的なデザイン案を出してきた。

真っ二つな意見だったことから結局どの市場を優先するかと考えた結果、当然ながらアジアの方でツアラー寄りなデザインになったのが前期型。

そしてある程度需要が満たされて販売台数が鈍った所で、今度は先進国が求めるもう一つの250R、スーパースポーツライクなデザインの250Rとしてこの後期モデル。先進国メインということでその分お値段もアップ・・・あくまでも予想ですが。

CBR300R

ちなみに日本や東南アジア向けの250とは別にオーストラリアやA2免許の欧州や何でもござれなアメリカ向けの300があります。

 

ところでこのMC41をいま改めて見て思ったんですが、4st単気筒250で29馬力って中々なパワー。ホンダの市販車としては1983年のGB250の30馬力に次ぐパワーで、全体で見てもかなり上の方。

この事があまり注目されたり語られたりしないのはやはりマルチ(馬力)至上主義が250にも根強いという事か・・・シングルスポーツが廃れたのもそういうことか。

 

 

前期型で語り疲れたので話が少し逸れますが、皆さんCBR250R Dream CUPって知ってますか。

ドリームカップ

ホンダのHRC主催で毎年全国19ヵ所のサーキット場で行われている安全性、平等性、経済性を考慮し、低コストで参加できる事を基本規則としたレース。チュートリアルの福田さんが紹介してたりしたので知ってる人も多いかな。

CBR250Rレース

CBR250Rのみでビギナー向けのBクラスとエキスパート向けのEクラスがあります。改造範囲も厳しく制限されており最高速はせいぜい160km/hくらいなんですが、年を追うごとに非常に盛り上がっています。

CBR250Rマルケスとペドロサ

年末に行われる全国大会ビギナークラス決勝ではホンダのMotoGPライダーでチャンピオンのマルケスとペドロサもゲスト参戦するほど。

お金と腕に自信のある方は是非どうぞ。まず間違いなく打ちのめされると思いますが・・・。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4バルブ単気筒
排気量:249cc
最高出力:
29ps/9000rpm
最大トルク:
2.3kg-m/7000rpm
車両重量:161[ABS:165]kg

系譜図

MC14 1986年
CBR250FOUR(MC14)
MC17 1987年
CBR250R(MC17)
MC19 1988年
CBR250R(MC19)
MC22 1990年
CBR250RR(MC22)
MC23 1991年
ジェイド(MC23)
MC31 1996年
ホーネット(MC31)
MC41 2011年
CBR250R (MC41)
MC41後期 2014年
CBR250R (MC41後期)
MC43 2014年
CB250F (MC43)
2017CBR250RR 2017年
CBR250RR(MC51)

お知らせ|更新履歴