CBR250の系譜

HORNET
(MC31)
-since 1996-

MC31

ジェイドの後継として出た今でも見るし親しまれてるホーネット(MC31)

こうみえて実はこれもCB400SFやCB1000SFと同じ「PROJECT BIG-1」の一台です。PROJECT BIG-1ってのは別にBIGバイクのBIGではありません。

ホーネットコンセプトスケッチ

車体コンセプトは「ニューライディングフィール」
フレームはバックボーンタイプとホンダのネイキッドとしてはちょっと珍しいタイプ。

ホーネット

でもまあ何よりホーネットと"クラスを越えたインパクティブ・ネイキッドロードスポーツ"を表す極太タイヤですよね。

フロント130/70R16:リア180/55R17は250としては最大サイズ。これはCBR900RRと同サイズという暴挙。クラス超えすぎです。

MC31壁紙

ジェイドの反省からか180度変えて身より名を取ったネイキッド。

 

でもこれは本当にホンダ良いところ抑えたなと思う。

MC31カタログ写真

ホーネットをカッコいいと思う人もカッコ悪いと思う人もオーナーもそうじゃない人もホーネットといえば

「極太タイヤorアップマフラー」

って人がほとんどでしょう。誰もRR譲りのカムギアトレーンの直四ネイキッドなんて考えてない。それどころかカムギアトレーンの音が五月蝿いとか言われる始末。

MC31

それはつまりカムギアトレーンに目が行かないほどルックスが勝ってる事だから凄いよね・・・まあタイヤサイズやタイヤ代という代償もあるわけですが。

タイヤに笑い、タイヤに泣くネイキッドですね。

主要諸元

全長/幅/高 2045/740/1055mm
シート高 760mm
車軸距離 1415mm
車体重量 166kg(装)
燃料消費率 32.0km/L
※定地走行テスト値
燃料容量 16L
エンジン 水冷4サイクルDOHC4バルブ四気筒
総排気量 249cc
最高出力 40ps/13000rpm
最高トルク 2.4kg-m/11000rpm
変速機 常時噛合式6速リターン
タイヤサイズ 前130/70ZR16(61W)
後180/55ZR17(73W)
バッテリー YTX7L-BS
[YTZ7S]
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
CR8EH-9
推奨オイル Honda純正ウルトラG1(10W-30)
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量2.7L
交換時2.2L
フィルター交換時2.4L
スプロケ 前14|後45
チェーン サイズ520|リンク110
車体価格 464,400円(税別)
※[]内は2003年以降モデル

系譜図

MC14 1986年
CBR250FOUR
(MC14)
MC17 1987年
CBR250R
(MC17)
MC19 1988年
CBR250R
(MC19)
MC22 1990年
CBR250RR
(MC22)
MC23 1991年
ジェイド
(MC23)
MC31 1996年
ホーネット
(MC31)
MC41 2011年
CBR250R
(MC41)
MC41後期 2014年
CBR250R
(MC41後期)
MC43 2014年
CB250F
(MC43)
2017CBR250RR 2017年
CBR250RR
(MC51)
CB250R/MC52 2018年
CB250R
(MC52)