CBR250の系譜

CBR250R
(MC19)
-since 1988-

CBR250R

CBR250の中で恐らく一番不遇だったハリケーン二号ことCBR250RのMC19。

というのもフロントディスクがシングルに変更されたから。先代で話した通り、250もトリプルディスクがステータスどころかもはや当たり前になっていた中でのシングル化。

CBR250Rカタログ写真

ホンダから言わせればパワーと車重のバランスから見てもシングルで十二分な動作性能があり、逆にダブルだとバネ下重量増加のデメリットが大きいからというんだろうけど、ライダーにとっては気持ちの良いものではなかったんだね。

とはいうものの、エアロフォルムだった一号からレプリカ(スーパースポーツ)なデザインへ変わったことでハートを射抜かれた人が多いのも事実。

MC19

ただ少し悲しいことに二年後のモデルチェンジで今でも語られるニダボでお馴染みCBR250RR(MC22)が登場。

見た目はほぼ変わらないまま目立つ変更点といえばさっき言ったトリプルディスク化。こうなってしまうとMC19の立場は無いも同然。年間販売台数2万台という記録を樹立した87年のCBR250R(MC17)、今でも語られるほどの人気を誇った90年のCBR250RR(MC22)。MC19はその狭間に埋もれてしまったちょっと可哀想なCBR250R。

MC19カタログ写真

※注意 1988~89のCBR250R(MC19)は発火の危険性があります

MC19は燃料ホースとホースのジョイントが経年劣化に弱くガソリンが漏れて(エンジン熱で気化し燃料ポンプの接点火花で)発火しやすいという問題を抱えています。

一度対策品「フューエルチューブセット:16955-KY1-315」が発売されましたが現在は欠品。

それらの問題を知らずに乗り続け全焼させてしまうという事故が今も跡を絶ちません。その事を重々頭に入れておいて下さい。

またオーナーの方も乗り出したときにガソリンの匂いがしたら高確率で漏れてるので絶対にそのまま乗らない事。貴重なハリケーンがファイヤーブレードになってしまうのでご注意を。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4バルブ4気筒
排気量:249cc
最高出力:
45ps/15000rpm
最大トルク:
2.6kg-m/10500rpm
車両重量:154kg

系譜図

MC14 1986年
CBR250FOUR(MC14)
MC17 1987年
CBR250R(MC17)
MC19 1988年
CBR250R(MC19)
MC22 1990年
CBR250RR(MC22)
MC23 1991年
ジェイド(MC23)
MC31 1996年
ホーネット(MC31)
MC41 2011年
CBR250R (MC41)
MC41後期 2014年
CBR250R (MC41後期)
MC43 2014年
CB250F (MC43)
2017CBR250RR 2017年
CBR250RR(MC51)

お知らせ|更新履歴