Buell/EBRの系譜

S3/T Thunderbolt
-since 1996-

S3サンダーボルト

S2モデルの後継に当たるS3/T Thunderbolt。

基本的な構造はS2から踏襲されたフラッグシップ的な立ち位置でS1との部品共有が進んでいるモデル。S2にあったようにS3にもハイスピードツーリングモデルであるS3Tもラインナップ。

S3サンダーボルト

国内には殆ど入ってきていない様ですが、本土の方はかなり長く発売されたロングセラーモデルだったりします。

1998年からは先に紹介した101馬力のサンダーストームエンジンを搭載したモデルになりました。

 

少し話をそらすと、ビューエルといえば

「振動が凄い」

というのを聞いたことがあると思います。

これはとどのつまりハーレーのエンジンを積んでいるからですが、このエンジンを積むにあたって使われているのがエリックが開発したエンジンラバーマウント。

アイソレーター

後にハーレーなどにも採用される振動吸収材で頭(ヘッド)とお尻(ステップ裏)でマウントされています・・・が、まあ当然コレだけで振動を抑えれるわけもなく。

各部にクラックが入ったり、ミラーが飛んでいったり、サイドスタンド立てても動いていったり等など。

代を追う毎にマウントの創意工夫が施され大人しくなっていくのですが、逆に言うと初期であるこのSシリーズは一線を画する振動があります。定期的にマウントを交換しないとフレームにクラックが入るレベル。

ただそれがビューエルの魅力の一つなんですけどね。乗ったら最後です。

エンジン:空冷4サイクルOHV二気筒
排気量:1203cc
最高出力:
91ps/5800rpm
最大トルク:
12.0kg-m/5200rpm
車両重量:211kg(乾)

お知らせ|更新履歴

系譜図

エリックビューエル

創業者
Erik Buell

RR1000/1200

1987年
RR1000/1200
BATTLETWIN

RS1200

1989年
RS1200
WEST WIND

S2

1994年
S2/S2T
THUNDERBOLT

S1

1996年
S1/S1W
LIGHTNING

S3

1996年
S3/S3T
THUNDERBOLT

M2

1997年
M2
CYCLONE

X1

1999年
X1
LIGHTNING

BLAST

2000年
BLAST

XB9シリーズ

2003年
XB9R FIREBOLT
XB9S LIGHTNING

XB12シリーズ

2004年
XB12R FIREBOLT
XB12S LIGHTNING
XB12X ULYSSES

1125シリーズ

2008年
1125R
1125CR

1190RS

2011年
1190RS

1190RX/RS

2014年
1190SX
1190RX