Buell/EBRの系譜

XB9R Firebolt
-since 2002-

XB9Rファイヤーボルト

新世代ビューエルとして登場したXB9R Firebolt。

ここまで来ると馴染みがある人も多いでしょう。

一番の大きな特徴は何と言っても

「Xブレードフレーム」

という名が付けられた極太アルミツインスパーフレーム。このフレームただのツインスパーではなくガソリンタンクを兼ねるという普通では考えられない構造をしているんです。

フューエルインフレーム

フレームにガソリンを注ぐという奇想天外な考えですが、実はこれ構想自体はずっとまえからあったそう。

というのはエリックがレーサーをやっていた頃、ガソリン量の減少によるハンドリングの変化が気になって仕方なった。

これはガソリンタンクが重心よりも高い位置にあることによる慣性モーメントの変化が原因。ガソリン満タンと空の状態だと全然違うのは誰もが知ることですね。

XB9Rカタログ写真

マスの集中化を何よりも大事にするビューエルとして何とか出来ないか、もっと重心に近い部分にガソリンを置けるスペースがないか探した所フレームが空いている事を発見。

ただ技術的やコスト面の問題があったから中々採用できなかった。それが今回フルモデルチェンジでやっと実現したというわけ。

 

しかし面白ギミックなのはこのタンクだけには留まりません。

ハーレーの狭角45度Vツインエンジンはドライサンプといって一般的なウェットサンプと違い、オイルを溜めておくプールがエンジンの下ではなく別の場所に設けられます。

今までのモデルはだいたいシート下にオイルタンクが置かれていたのですが、前後長を切り詰めたかったエリックはエンジンオイルのプールとして第二のフレームであるスイングアームを選択。つまりこのスイングアームの中にはエンジンオイルが入っている。

オイルインスイングアーム

更にエンジンもビューエルからの注文で改良した物ではなく、最初からビューエル用のエンジンが積まれる事になったおかげでホイールベースが脅威の1320mmに。

1320mmがどれだけ短いかというと、一般的な250ロードスポーツモデルですら1390mm前後。身近なモデルで一番近いのを探してみるとホンダのPCX(1315mm)が近い。

XP9Rポスター

それくらい短いわけですが、これは本当に賛否両論ありました。

ホイールベースが短いというのは物凄くクイックではあるんだけど安定性の問題が出てくるから。

ただこれはエリックが考えていた設計思想なんです。エリックが次世代のビューエルを作る際、集めたメンバーに対して

TZ250

「このTZ250に我々のエンジンを積んだら最高のバイクが出来る。」

と言ったわけです。

当然そんなの無理に決まってると相手にされなかったのですがエリックは本気で、しかも本当にやってのけたわけです。(ホイールベースがほぼ同じ)

翌年にはX1の後継であるネイキッドモデルXB9Sも登場。

フューエルインフレーム

国内ではすぐ後継にバトンタッチし最終的にはXB9SXのみとなりましたが、国内外問わず

「今までに無いバイクだ」

と絶賛され、BUELLはアメリカ第二位のオートバイメーカーに上り詰めました。

フューエルインフレーム

一番BUELLが輝いていた時代ですね・・・。

 

エンジン:空冷4サイクルOHV二気筒
排気量:984cc
最高出力:
92ps/7200rpm
最大トルク:
9.37kg-m/5500rpm
車両重量:175kg(乾)
※スペックはXB9R

お知らせ|更新履歴

系譜図

エリックビューエル

創業者
Erik Buell

RR1000/1200

1987年
RR1000/1200
BATTLETWIN

RS1200

1989年
RS1200
WEST WIND

S2

1994年
S2/S2T
THUNDERBOLT

S1

1996年
S1/S1W
LIGHTNING

S3

1996年
S3/S3T
THUNDERBOLT

M2

1997年
M2
CYCLONE

X1

1999年
X1
LIGHTNING

BLAST

2000年
BLAST

XB9シリーズ

2003年
XB9R FIREBOLT
XB9S LIGHTNING

XB12シリーズ

2004年
XB12R FIREBOLT
XB12S LIGHTNING
XB12X ULYSSES

1125シリーズ

2008年
1125R
1125CR

1190RS

2011年
1190RS

1190RX/RS

2014年
1190SX
1190RX