Z1000/Ninja1000の系譜

Z1000(ZR1000A) -since 2003-

ZR1000A

開発コンセプトは初代Z1に通ずる「世界最高のロードスポーツモデル」

Z1100GPからかれこれ20年以上経った頃、カワサキが「Zの復活」と銘打ち発表した新生ZがこのZR1000A型。
実はザンザス900で出す予定だったんだけどZ1000の商標が期限切れを迎えそうだったので更新するためにZ1000に変更したんだとか。ソレだけじゃないと思うけどね。

ちなみにZ1000という良くも悪くも重い名前を付けたことで空冷Z派からの批判は凄まじいモノがあったけど、流石にZと名乗るだけの物は引き下げてたからそれ以上に話題となりました。

ZR1000A2

エンジンはZX-9Rをベースにヘッドを新しくしたもの。ZX-10Rへのシフトで9Rが余った事が正直な所なんだろうけど狙いが的中。欧州を中心に巻き起こっていたストリートファイターブームにドンピシャで乗ることが出来たから。いやブームに乗ったというよりかはブーム起こしたと言ったほうが正しいかも。

 

とはいうものの当然ながらただ9Rを剥いただけのネイキッドではなくフレームは専用のダイヤモンドスチールフレームを採用してストリート寄りに・・・って言いたい所なんだけど、この初代水冷Zは本当に9Rを剥いただけ。いや剥いた結果悪化したといえるくらい尖ってる。

2003年式Z1000

キャスター角やホイールベースこそ9Rとほぼ変わらないものの、"Z1000用にチューニングした"という割には下が眠く、上で突如炸裂するエンジン。前荷重に加えステアリングヘッドの関係でハンドルが切れるというより軽すぎてオーバーステアになりがち・・・などなど、良くも悪くも荒削り感が凄い。

 

まだストリートファイターというカテゴリが出来たばっかりで歴史が浅かったからカワサキも何処までやれば良いのかわからなかったんだろうね。

Z1000A

ただし走行性能は非常に高く、サーキットにおいて少し前のSSと遜色ないラップタイムを叩き出せるほどの速さを持ってるジャジャ馬っていうより跳ね馬。

簡単には乗りこなせないけど、乗りこなせたら速いという特性が海の向こうのストファイ層にウケた。もしかしたら狙ってそうしたのかなと思うけど後継を見る限り(失礼ながら)まぐれ当たりだったみたいね。

 

 

ところで少し話が反れますが、カワサキはこの頃デザイナーが変わっています。新しく迎えられたデザイナーは田中俊治さんという人。この方はそれまでマツダに在籍しており、代表作としてはあの初代ロードスター(NA)をデザインされた方。

ロードスター

そんなデザイナーを引き抜いて最初に世に出されたバイクがこのZ1000なんです。

新生Zと名乗る通り、新しいブランドイメージを作り上げる狙いの一つだったのかもしれないですね。

ちなみに田中さんはZ1000の他にもZZR1400やZX-10R/6R(D/P型)などのヌルッとしたデザインはこの方によるもの。このZ1000に至ってはB型まで担当されたようです。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:953cc
最高出力:127ps/10000rpm
最大トルク:9.4kg-m/8000rpm
車両重量:198kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

Z1 1972年
900Super4(Z1/A/B)
Z900(A4)
Z1000A 1976年
Z1000(Z1000A1/2)
Z1-R 1977年
Z1-R/2(Z1000D)
Z1000MK2(Z1000A3~)
Z1000J 1981年
Z1000J(Z1000J)
Z1000R(Z1000R)
Z1100GP 1981年
Z1100GP(Z1100B)
Z1100R(Z1100R)
ZR1000A 2003年
Z1000(ZR1000A)
ZR1000B 2007年
Z1000(ZR1000B)
ZR1000D 2010年
Z1000(ZR1000D)
Ninja1000 2011年
Ninja1000(ZX1000G/H)
ZR1000L/M 2014年
Z1000(ZR1000F/G)
Ninja1000(ZX1000L/M)
ZX1000W 2017年
Z1000/R(ZR1000H/J)
Ninja1000(ZX1000W)

お知らせ|更新履歴