CB1300の系譜

CB1300SUPER FOUR
(SC40)
-since 1998-

SC40

「MAXIMUM IMPROVE」

CB1000SFの後継にあたる二代目BIG-1ことSC40が出たのは6年後の1998年。

ナンバリングからも分かる通り排気量が1284ccにまで大幅アップ。これはCB1000SFの人気により端を発したビッグネイキッドブームでCBよりも排気量が大きいバイクばかりになったから。

どうしても退けを取ってしまうという声が大きくなり、またセールスも落ち込んできた事から新たに開発されたわけです。

SC40デザイン

ちなみに先代でも言った通り、まだ限定解除の時代で市場は大きくなかった事からエンジン開発費をCBだけでペイするのは難しいという事で同時開発され先に出たのが『X4/SC38』というバイク。

X4

エンジンはこれがベースというか共有で、X4よりも上を伸ばす様に給排気を再設計。

他にも

・二本出しマフラー

・異径対向6ポットキャリパー

・前後17インチだけどリア190サイズ

などでビッグバイクらしさに更に磨きがかかったわけですが、SC40の特徴といったら何と言ってもこれ。

リアサスペンション

『ダブルプロリンク』

と呼ばれるホンダの市販車としては初のリアサスペンションです。

これの何が特徴的なのかという話なのですが、一般的な二本サスのネイキッドタイプに採用されるフレームとサスを直接結ぶスイングアーム方式ではリア(アクスル)が沈んだ分だけサスペンションも比例して沈むようになっています。

そのため浅い時は柔らかく、深い時は踏ん張れる様に二段バネ(ダブルレート)を使う様になっています。

シングルレートとダブルレート

しかしこれはバネの働きに全てを依存する形になるので、柔らかいレートのバネが縮みきって硬いレートのバネに差し掛かった時に挙動が変わってしまう。

Wプロリンク

そこでストロークをバネで調整するのではなくリンクを介しそもそものストローク量を調整しようというのがリンク式で、それをツインショックに応用したのがSC40のダブルプロリンク。

これのおかげでSC40は高性能と言われるリンク式モノサスと変わらぬプログレッシブな(浅い時は柔く、深い時はコシのある)動きをします。

BIG1のリアサスペンション

リンク式だからスプリングもネイキッドなのにシングルレートっていう異様さ。

でも二本サスだからシート下には収納スペースがあるっていう。

 

「じゃあなんで他のネイキッドは採用しないのか」

という話なんですが、バネ下重量の増加やコストなどもあるでしょうが恐らく一番は見た目の問題かと。

ダブルユニットプロリンク

こう言ってはアレだけどちょっと不格好なのが否めない。

ただSC40の場合は二本出しマフラーで上手く隠しているから気にならないんですが。

SC40カタログ写真

もしかしたらこの為に二本出しにしたのかもしれないですね。ちなみにこのプロリンクを推したのは原さん。

あとこれは原さんの証言ではないのですが、エンジンの冷却フィンも恐らくそう。

2000年式CB1300SF

もともと原さんはCB1000SFにも冷却フィンを付けるつもりでした。

でも多数決を取ったらみんなフィン無しの方がカッコイイとしてフィンを設けられなかった背景があったんです。なのに二代目になってフィン有りに・・・どう考えても原さんが怪しい。

 

SC40はもうこれでもかって程の装備を奢ったため、車重も+13kgで装備重量で273kgになりました。

とはいうものの、実はSC40はその巨漢に似合わず先代よりとっても優しいBIG-1。

新旧比較

写真だとちょっと分かりにくいのですが、バックボーンフレームにしてポジションを少し起こしシート形状も見直した事でシート高-10mmという数値以上に足付きが改善。

これはユーザーからもうちょっと乗りやすくしてほしいという声が多かったから。

前後17インチにしたのもハンドリングを自然なものにするため・・・でもそのかわり190にサイズアップっていう譲歩してるんだからしてないんだか分からないBIGさ。

ただ乗りやすくなったのは事実で、その声に応えた事と大型二輪の免許制度改正が追い風となり、SC40は98-99年と二年連続で大型部門販売台数一位を記録。

SC40エンジン

更に最終年の2000年後半モデルでは

・SSと同じ4ポットブレーキ周り

・マフラーやホイールの肉薄化で5kg軽量化

・ハンドルを少し手前に

などが行われています。

SC40カタログ写真

物怖じしてしまう佇まいを持ちつつも、実はとっても優しいBIG-1でした。

 

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:1284cc
最高出力:100ps/8500rpm
最大トルク:12.2kg-m/5000rpm
車両重量:273kg(装)

系譜図

CB750FOUR 1969年
Dream
CB750FOUR
CB750FOUR-Ⅱ- 1975年
Dream
CB750FOUR-II
/K/EARA
cb750f 1979年
CB750F(RC04)
CB900F(SC01/09)
CB1100R 1981年
CB1100R/F
(SC05/08/11)
CBX750F 1983年
CBX750F
/Horizon
/BOLD'OR
(RC17)
cb750 1992年
CB750/T
(RC42/RC39)
cb1000sf 1992年
CB1000SF
(SC30)
cb1300sf 1998年
CB1300SF
(SC40)
sc54 2003年
CB1300SF/SB
(SC54)
CB1300ST 2008年
CB1300SF/SB/ST
(SC54中期)
sc65 2010年
CB1100
(SC65)
SC65中期 2014年
CB1100/EX/RS
(SC65後期)
sc54後期 2014年
CB1300SF/SB
(SC54後期)

お知らせ|更新履歴