CB1300の系譜

CB1300 SUPER FOUR(SC54初期)-since 2003-

sc54

2003年に出た三代目BIG-1のSC54。

先代SC40の反省から大掛かりな軽量化が行われました。

・ダブルプロリンク機構の廃止
・新設計エンジン(エンジン単体で8kgの減量)
・マフラーを二本出しから一本出しへ
・リアタイヤを190から180へ
・テールランプのLED化を始めとする外見の変更

CB1300SF壁紙

外見を見て分かる通り専用設計エンジンは擬似フィンなどの装飾は無く、初代を髣髴とさせる飾りのない水冷エンジン。

SC40の時に言ったようにCB1000SFがセンター、SC40がクルーザー寄りとするならこのSC54は明らかにスポーツ寄り。

最初に言った数々の軽量化と全体的にリフトアップというか高さを増して重心を上げたことでヒラヒラ感が向上。車格やポジションもコンパクトになりました。

ダブルプロリンクサスペンション開発にあたってダブルプロリンク機構は廃止(軽量化か性能か)になったんだけど社内でも相当揉めたらしく、発表後に「SC54でのダブルプロリンク機構廃止は唯一の退化」とこぼすほど。

それでも軽量化を優先したんだね。まあ突き上がったテールや装飾のないエンジンを見ればスポーツ最優先なのも伺えます。

SC54デザインスケッチ

CB1300はこのモデルチェンジで人気が回復。いや回復どころか初代を超えるほどの人気で、みなさん御存知の通りBIG-1の中で一番のロングライフモデルとなってます。

そんなSC54で少しおもしろいギミックのが実はこれ可変バルブを搭載してるんですね。VTECとかじゃないですよ、それはCB400。

何処かといえばそれはマフラー。

SC54可変排気バルブ

これは国内モデルのみの専用マフラーでまあ要するに騒音規制対策ですね。この機能は後にSC59(ダウンショートのCBR1000RR)にも採用されることになりました。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4バルブ4気筒
排気量:1284cc
最高出力:
100ps/7000rpm
最大トルク:
11.9kg-m/5500rpm
車両重量:261kg(装)

系譜図

CB750FOUR 1969年
ドリームCB750FOUR
CB750FOUR-Ⅱ- 1975年
ドリーム CB750FOUR-II-
cb750f 1979年
CB750F(RC04)/900F(SC01-09)/1100F(SC11)
CB1100R 1981年
CB1100R(SC05/08)
CBX750F 1983年
CBX750F/ホライゾン/ボルドール(RC17)
cb750 1992年
CB750(RC42)
cb1000sf 1992年
CB1000SUPER FOUR(SC30)
cb1300sf 1998年
CB1300SUPER FOUR(SC40)
sc54 2003年
CB1300SUPER FOUR(SC54初期)
sc54 2005年
CB1300 SUPER BOL D'OR(SC54前期)
sc54 2009年
CB1300 SUPER TOURING(SC54中期)
sc65 2010年
CB1100(SC65)
SC65中期 2014年
CB1100/EX(SC65中期)
sc54中期 2014年
CB1300/SB(SC54後期)
sc65後期 2017年
CB1100(SC65後期)

お知らせ|更新履歴