YZF-R1の系譜

YZF-R1(14B~1KB/45B)-since 2009-

09YZF-R1

開発コンセプト「Ultimate Cornering Master 1000」

この第三世代R1の45B(国内仕様)が出た時は、ネットで賛否両論というか大荒れだった。確かにずっと続いてきたツリ目デュアルライトから出目金の様な丸目プロジェクターに変わり、規制の影響により肥大化したマフラー・・・旧来のオーナーには受け入れ難い所が多いのも無理のない話。

09R1

でもこう見ると可愛い感じ。

もともとR1はSSの中でも見る角度によって表情が変わるバイクだけどこの型はR1の中でも一番表情豊かモデルじゃないかなと思う。

09R1黒

まあしかしデザインの話より中身の話ですよね。何と言ってもmotoGP直系の「新設計クロスプレーン型クランクシャフト採用1,000ccエンジン」を採用した事。ロッシ曰く「Sweet」らしい・・・不等間隔爆発については「バイク豆知識:クロスプレーン(不等間隔爆発)だと何が良いのか」を読んでいただけると助かります。もう書く気力がありません。

クロス

ただ付け加えるなら実はこの不等間隔爆発を採用するかは社内でも意見が真っ二つで非常に揉めたそうです。180度のモーターの様に回る官能的なエンジンが好きという人は多いでしょうから無理も無い話ですが、ただ高出力にするのではなくその高出力を可能な限りコントロール出来る特性にしたいという事で採用決定。

 

が、いざ作ろうと思っても理解はしてるのに上手くいかない机上の空論状態に。既に不等間隔爆発で実績もノウハウも積んでいたMotoGPのYZR-M1陣営に出向き技術やノウハウを学ぶ事で製品化にこぎ着けたそうです。

YZR-M1

「レーサーとSSなんだから別に珍しい話じゃないのでは?」

と思う方も多いでしょうが、実はこれR1としては非常に珍しいこと。意外なことに歴代のR1開発においてMotoGPのYZR-M1陣が加わった事はこれまで一度も無いんです。

クロスプレーン

M1はM1としてR1はR1と完全に分かれてそれぞれ進化してる。歴代のR1とM1のデザインが似ても似つかないのはこういう理由があったからなんでしょうかね。

でもそういう意味ではこの09型は唯一M1の血が入ったR1かと。

 

 

もちろん変わってるのはクロスプレーンというだけではなく、1mmのビックボア化、当然のような新設計フレーム、インパクトないけど凄い左右独立分担減衰力発生方式フロントフォークと2WAY式リアショック、バックステップ要らずな2タイプフットレストポジション、リアシートフレームがアルミ通り越してマグネシウム化、新世代アピールなD-MODE(モード切替)などなど。

R1カタログ写真

そして目立たないけど可能な限り隠しボルトになってます。空気抵抗を減らす効果があるそうですが凄いですね。スクリーンなんて一本も見えません。

 

これはキュベレイカラーとしてすっかり定着したブルーイッシュホワイトカクテル1。

キュベレイカラー

フレームのマゼンタが綺麗ですよね。

ちなみに言い忘れてましたけどこのモデルから国内仕様が登場しました。

国内仕様といいつつ馬力は145馬力と初代R1に匹敵する程のスペックで逆輸入車は翌年からプレスト扱いで販売開始。

でもこのキュベレイカラーじゃなかったブルーイッシュホワイトカクテル1は海外でも展開していたんですが、日本で買える正規品は国内仕様だけというなんともやり口が汚・・・商売上手な方法でした。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:998cc
最高出力:182ps{145ps}/12500rpm{11000rpm}
最大トルク:11.7kg-m{10.0kg-m}/10000rpm
車両重量:206kg(装)

※{}内は国内仕様

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

fz750 1985年
FZ750(1FM)
fzr1000 1987年
FZR1000(3GM/3LK/3LG)
yzf1000r 1996年
YZF1000R Thunder Ace(4SV)
4xv 1998年
YZF-R1(4XV)
5jj 2000年
YZF-R1(5JJ)
5pw 2002年
YZF-R1(5PW)
5vy 2004年
YZF-R1(5VY前期)
5vy後期 2006年
YZF-R1(5VY後期)
4C8 2007年
YZF-R1(4C8)
14b 2009年
YZF-R1(14B~1KB/45B)
2012YZF-R1 2012年
YZF-R1(45B/1KB/2SG)
2015YZF-R1 2015年
YZF-R1/M(2CR/2KS)

お知らせ|更新履歴