YZF-R1の系譜

YZF1000R Thunder Ace(4SV)-since 1996-

YZF1000R

バードじゃないよエースだよ・・・なFZR1000の後継モデルとして発表されたYZF1000Rサンダーエース。ここに来てペットネームを付けてくるなんてファイヤーブレード意識しまくりである。

「YZF」というワークスマシンの名が付いている事からも分かる通り、第二世代GENESISエンジンにYZF750Rのフレームをベースとした新設計デルタボックスを積んだフラグシップスポーツモデル。

※当初これをYZFの初出と書いていましたが、YZFの名が初めてつけられたのはYZF750SP/R(1993年)でした。大変失礼しました。ご指摘くださった方ありがとうございます。

サンダーエース

145馬力に198kgと申し分のないスペックを引き下げていたんだけど、ここまでも来てもまだヤマハはスーパースポーツらしからぬマイルドな特性に仕上げてきた。

「ビッグバイクにはゆとりが必要」

と、ずーっと訴えてるヤマハ。恐らく1982年に始まった3ない運動へのトラウマ、教訓が加味されてるのもあると思います。

サンダーエースリア

だから日本ではFZRと同じく刺激が足りないと人気は今ひとつだったんだけど欧州では逆で、この

「This is サイコーにちょうどいい SuperSports(これホンダだった)」

に一定の需要があるわけです。

雷帝

98年にR1が発売された後も03年まで細々と販売されたんだけどR1のインパクトが強すぎたせいか日本ではあまり知られていない。

YZF1000Rサンダーエース

楽ちんスーパースポーツなNinja1000やGSX-S1000Fが人気の今なら売れそうな気がしないでもない。

エンジン:水冷4サイクルDOHC4気筒
排気量:1002cc
最高出力:145ps/10000rpm
最大トルク:11.0kg-m/8500rpm
車両重量:198kg(乾)

ページ上に戻る後継モデルへ>>

系譜図

fz750 1985年
FZ750(1FM)
fzr1000 1987年
FZR1000(3GM/3LK/3LG)
yzf1000r 1996年
YZF1000R Thunder Ace(4SV)
4xv 1998年
YZF-R1(4XV)
5jj 2000年
YZF-R1(5JJ)
5pw 2002年
YZF-R1(5PW)
5vy 2004年
YZF-R1(5VY前期)
5vy後期 2006年
YZF-R1(5VY後期)
4C8 2007年
YZF-R1(4C8)
14b 2009年
YZF-R1(14B~1KB/45B)
2012YZF-R1 2012年
YZF-R1(45B/1KB/2SG)
2015YZF-R1 2015年
YZF-R1/M(2CR/2KS)

お知らせ|更新履歴