CB400の系譜

CB400FOUR
(NC36)
-since 1997-

CB400フォア

「4発が、聞こえる。」

ノスタルジック臭プンプンのCB400FOUR/NC36型。

名前がほぼ一緒という事から勘違いされがちなんですが、四本出しマフラーなどを見ると分かる通りこのモデルはCB400FOURではなくCB750FOURをモチーフに作られたバイクです。

CB400フォアとCB750FOUR

なんでこんなバイクを出したのかという話ですが、当時はネイキッドブームが少し枝分かれを起こし始めていた時期なんです。大きく分けると懐古系と、進化系の2パターン。

そしてホンダのCB400SFは圧倒的に後者で、前者を満たす要素は皆無だった・・・という事で登場したのがこのNC36。

水冷ヨンフォアカタログ写真

「ゼファーがZ2の生き写しならウチはCB750FOURの生き写しだ」

という四半世紀の歳月を経て再びCBとZが再戦する事になったわけですね。いや多分そんな事は言ってないと思いますが。

 

エンジンは空冷に見えますがCB400SFと同じ水冷エンジンで吸気を絞る事で中低速よりに変更したもの。

CB400FOURエンジン

水冷であることを意識させないようにラジエーターを最小クラスにし、エンジンを肉厚化し空冷エンジンの特徴であるシリンダーフィンを散りばめるという配慮は賛否両論でした。

でもですね・・・このNC36で最も特徴的なのは実はエンジンじゃなくてこのマフラーなんですよ。

CB400FOURジャケット写真

この四本出しマフラーは見た目だけのハリボテじゃありません。

「4発が、聞こえる」

と謳っている事からも分かる通りNC36で一番こだわったのは間違いなくこのマフラーとその音。

というのもこのマフラー実は一切集合してないんです。

エキゾーストサウンド

同じく一気筒が一本のマフラーから音を出す正真正銘の四本出し。

これはもちろんCB750FOURのオマージュで音も良い。

CB400FOUR(NC36)

だからカタログ写真もCB750FOURと同じ後から四本出しマフラーを全て捉えるアングルだったりします。

規制が厳しい時代にこれを蘇らせた熱意は相当かと。

 

主要諸元

全長/幅/高 2130/780/1090mm
シート高 790mm
車軸距離 1450mm
車体重量 210kg(装)
燃料消費率 34.7km/L
※定地走行テスト値
燃料容量 18L
エンジン 水冷4サイクルDOHC4気筒
総排気量 399cc
最高出力 53ps/11000rpm
最高トルク 4.1kg-m/7500rpm
変速機 常時噛合式5速リターン
タイヤサイズ 前110/70-18(58H)
後140/70-17(66H)
バッテリー FTX9-BS
プラグ
※2つの場合は手前が、3つの場合は中央が標準熱価
CR8EH-9/CR9EH-9
U24FER9/U27FER9
推奨オイル Honda純正ウルトラG1(10W-30)
オイル容量
※ゲージ確認を忘れずに
全容量3.6L
交換時2.7L
フィルター交換時2.9L
スプロケ 前15|後42
チェーン サイズ525|リンク110
車体価格 579,000円(税別)

系譜図

CB350FOUR 1972年
ドリームCB350FOUR
(CB350)
CB400FOUR 1974年
ドリームCB400FOUR
(CB400/F)
CBX400F 1981年
CBX400F
(NC07)
CB-1 1989年
CB-1
(NC27)
cb400sf 1992年
CB400SF
(NC31)
CB400SF ver.R 1995年
CB400 ver.R
(NC31)
CB400SF ver.S 1996年
CB400SF ver.S
(NC31)
CB400FOUR 1997年
CB400FOUR
(NC36)
CB400SF HYPER VTEC 1999年
CB400SF HYPER VTEC
(NC39前期)
CB400SF SPEC2

2002年
CB400SF HYPER VTEC SPEC2
(NC39中期)

CB400SF SPEC3 2003年
CB400SF HYPER VTEC SPEC3
(NC39後期)
CB400Sb 2005年
CB400SF/SUPER BOL D'OR
(NC39後々期)
NC42 2007年
CB400SF HYPER VTEC Revo
CB400 SUPER BOLD'OR
(NC42)
NC42後期 2014年
CB400SF/SB Revo
(NC42後期)